川崎市 宮前区 小児科 内科 予防接種 往診|森島 小児科 内科 クリニック
川崎市 宮前区 小児科 内科 予防接種 往診|森島 小児科 内科 クリニック
川崎市宮前区の小児科・内科クリニック、森島小児科内科クリニック|トップページ
診療について
小児科・内科診療
在宅往診について
予防接種について

医院について
院長・スタッフ紹介
医院のご紹介

ご案内
医院概要/交通アクセス

携帯 モバイルサイト

川崎市宮前区の小児科・内科クリニック、森島小児科内科クリニックの診療案内

川崎市宮前区の小児科・内科クリニック、森島小児科内科クリニックです。
1972年(昭和47年)開業の歴史あるクリニックで、お子様から大人まで幅広い年齢層の方に対応
いたします。

乳児健診、予防接種、往診・在宅医療、漢方治療など様々なお悩みにお応えいたします。
   コメントライン|森島 小児科 内科 クリニック

小児科の診療内容について

予防接種
予防接種
当院は定期予防接種としてジフテリアと百日咳と破傷風のポリオの4種混合、麻疹と風疹のMR混合、日本脳炎、 子宮頸がん、肺炎球菌、ヒブ、任意接種として水痘、流行性耳下腺炎、B型肝炎、肺炎球菌、インフルエンザ、ロタなどのなどワクチン接種をしています。

通常の診察時間でも予防接種は可能ですから、予定をカレンダーに書き入れておいてはいかがでしょうか。

予防接種スケジュールやワクチンの詳細情報をご確認頂けます。
ワクチンデビューは、生後2か月の誕生日

乳幼児健診
乳幼児健診
特に7ヶ月児、10ヶ月児、4歳・5歳児は成長発達をチェックする大切な時期です。
なお10ヶ月健診において、小児がんである神経芽細胞腫の尿検査診断を聖マリアンナ医科大学に依頼できます。

感染症
感染症にはインフルエンザ、麻疹、水痘、おたふくなどのウイルス感染症と溶連菌、 肺炎球菌ブドウ球菌などの細菌感染症またはマイコプラズマ感染症がありますから鑑別診断としての検査が大切です。

サーベランス(感染症監視体制)について
当院は宮前区内の監視医療機関、検体監視機関として、疾病発生情報を厚生労働省に毎週FAXしています。

   << 段落スペース >>
内科の診療内容について

インフルエンザ
インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。
お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。
まずは、感染しないよう予防が大切です。
また具合が悪い時は、お早めにご相談ください。
抗インフルエンザウイルス薬の服用を適切な時期(発症から48時間以内)に開始すると、発熱期間は通常1〜2日間短縮され、鼻やのどからのウイルス排出量も減少します。

漢方治療
漢方薬は証により処方するもので、実虚証や陰陽が一致すると医者と患者が嬉しくなるほどの効果が出るものです。

メタボ特定健診
これまでの成人健診と老人健診は無くなり、メタボリック症候群に特化した特定健診が始まりました。
肥満や糖尿病の方には、元肥満学会会員で日本医師会ジョギング連盟会員でもある院長が食事や運動の指導をいたします。

大腸がん健診
当院は川崎市の大腸がん検診が受診できる指定医療機関です。対象者の方は、年度に1度、少ない費用で受診できますので、がんの予防と早期発見のため、定期的に受診することをお勧め致します。
詳細は川崎市HPで御確認いただけます。>>

2日分の便を調べます。
検査キットを使用しますので、簡単に検査出来ます。

肝炎ウィルス検査
日本人の40人に1人が、B型あるいは、C型肝炎ウィルスに感染しており、ウィルスを有していると推定されています。
肝炎ウィルス検査は、1回の採血検査ですむ簡単な検査ですので、まだ検査を受けていない方は、早めに肝炎ウィルス検査を受けましょう。
まだ肝炎ウィルス検査を受けたことのない川崎市民の方は、
無料で検査を受けられます。>>

高齢者の肺炎球菌ワクチンの予防接種
今年度、65歳、70歳、75歳など、5歳刻みで定期接種になりました。
定期接種対象の方は、公費負担(自己負担:1回4,500円)で受けられるようになります。
接種を希望される方は、電話で御予約の上、予診表をお持ちになりご来院ください。

対象者の詳細などは川崎市ホームページでもご確認頂けます。

ページトップへ|川崎市宮前区の森島小児科内科クリニック
COPYRIGHT(C)2008 川崎市宮前区 森島小児科内科クリニック ALL RIGHTS RESERVED.